イラストも高校で学んでプロになるノウハウ|未来エデュケーション

漫画

アーティストを育てる

マンガを学べる高校が登場しています

漫画

マンガは今や世界的に注目される日本の文化となりました。海外でもマンガのファンは増えており、日本の新しいアートとして注目を浴びているのです。こうしたマンガの人気の高まりで、将来マンガ家を目指す学生も増え始めています。そのため、現在ではそういった進路に適したカリキュラムを設ける高校が登場しているのです。このような学校では、通常の教科と共に芸術分野にとくに力を入れたカリキュラムを編成しています。プロの漫画家やアニメ作家が講師として学生の指導にあたっており、より専門性の高い教育を行なっているのです。イラストレーターを始めとするクリエイターを目指すケースも多く、アートに興味を持つ学生が多く集まる高校となっているのです。

プロによる指導が行なわれているのです

マンガ科を設けている高校では、特に美術や芸術の授業に重点を置いて授業が行なわれています。大学を受験する学生も多いため、一般科目にも手を抜くことなく上手にカリキュラムが組まれているのです。このような高校では色彩センスも学ぶことが出来、在学中に専門資格の取得も可能となります。プロによる指導を受けられる点がこのような高校の大きな特徴であり、より早い段階から専門的な知識に触れることが出来ます。そのため、良い意味での刺激を受ける機会が遥かに増えるのです。卒業後には美術系の大学に進学を希望する学生も多く、美術史や美術概論、素描などの授業もこうした高校では行なわれています。一部の美術系予備校で教えられているような内容を、高校のカリキュラムの中で学ぶことが出来るのです。