イラストも高校で学んでプロになるノウハウ|未来エデュケーション

漫画

基礎を学んでいく

高校は基礎を教えてくれています

漫画

イラストは高校の授業で美術として教えられており、社会人になってからはイラストを利用する方法として専門の学校で習っています。高校は普通の教育と専門の教育を行っており、イラストは芸術の授業で教えられています。近年はパソコンを使ったイラストも多く見られるようになり、高校を卒業した後に学校に行って習うことが多くなっています。学校の授業では水彩画や油絵を学んでおり手で絵を描くことの楽しさを教わりました。学校を卒業してから行く専門の学校では夜間や週末に授業が行われています。社会人の方は仕事に行っていますので暇な時間を見つけて専門の学校に行っています。自宅学習をする通信制の講座もあり、社会人の方は熱心に勉強をしています。高校で絵を描く基礎を習い社会人になってからは技術を応用していっています。

専門の学校に行ってイラストの仕事をします

社会人の方は就職することを望んで講座を受けていますし、ゲームの会社やデザインの会社で働きたいという理由があり資格の取得などを行っています。イラストには漫画も含まれプロの方が教えてくれ、雑誌に連載している方もいます。絵本や挿絵の仕事もありますのでイラストの仕事はたくさんあります。主人公やキャラクターをオリジナルに作って描いていくことが大切です。背景を上手に描き人間の絵のデザインをしていき、上手に色をつけています。社会人の方は仕事をすることを望んでおり、高校の学校を卒業してからも専門の学校に行ってプロの方の授業を受けています。高校の絵画の授業から絵を描くことに興味を持ち仕事をしている方もいます。高校の芸術の授業を真面目に受講した後に社会人になってから仕事として活かしていっています。