イラストも高校で学んでプロになるノウハウ|未来エデュケーション

漫画

日本独特の文化

マンガを学ぶ高校とは

漫画

マンガは、いまや日本を代表する文化のひとつです。日本の近代文化であるマンガは、世界共通語としても定着しています。また、クールジャパンと称されるマンガは、世界に向けてのビジネスでも成功をとげています。 そのような時代背景もあってか、最近では、高校でマンガを学ぶことが出来ます。早い段階からこのような教育を受けることで、マンガ家として高校生デビューすることも夢ではありません。では、高校ではどのようなことを学ぶのでしょうか。 まず、高校でマンガ科を選択した場合、普通科目にくわえて専門科目であるマンガを教育を受けることができます。内容としては、プロのマンガ家から直接指導を受けることが出来るほか、色彩士検定の資格を取得することが可能です。

通信制という選択もある

上記で述べたカリキュラムがあるのは、長野県にある「創造学園高等学校」です。ここでは、マンガに必要とされるストーリ構成を学ぶことも出来ます。 ともに教育を受ける生徒のなかには、マンガ家を目指すひとだけではなく、声優やイラストレーターを志す人もいます。ですから、幅広い分野での活躍が期待される充実したコースとなっています。 また、夢の実現に向けて、通信制高校に進むという選択肢もあります。そこでは漫画家を目指しながら、高校卒業資格を取得することも可能です。通信制高校では、おもにレポートを提出する学習スタイルとなります。ですが、年に数回スクーリングもあるので、仲間との交流を深めることもできます。作成したレポートはプロの講師が添削してくれるので、高い技術を身につけることが可能です。